EnglishEnglish

使い方、用語等

本ページにはWiseCleaner製品に関してよくいただくご質問と、その回答を掲載しています。お問い合わせの前にぜひご覧ください。

2018.01.30

お使いのパソコンに問題が起きた場合どうしますか?バックアップがない場合も、WIndowsの機能で復元できるかもしれません。システムの復元機能を有効にしておけば、ソフトウェアのインストール、WIndowsアップデートなどシステムを使うたびに復元ポイントを作成することができます。そして、ある日、予期しない問題が起こった場合、以前の復元ポイントに復元する事ができます。システムの復元オプションを設定するのと同じように「システム保護」タブから復元プロセスを開始します。「スタート」をクリックし、「復元」と入力、「復元ポイントを作成する」をクリックします。[システム保護]タブで、[システムの復元]ボタンをクリックします。システム復元ウィザードの開始ページには、簡単な説明が表示されます。「次へ」をクリックしてください。次のページに、使用可能な復元ポイントが表示されます。デフォルト設定では、おそらく自動的に毎週の復元ポイントと作成した手動復元ポイントだけが表示されます。

2018.01.29

Windowsは時間が経つにつれて遅く、重くなり、Windowsを再インストールする主な理由の一つになっています。 なぜWindowsは使い続けると遅くなるのでしょうか? 下記にその主な要因を並べてみます。 ◆Windowsが遅い 原因 1 スタートアッププログラムの問題: 多くの追加のスタートアッププログラムがインストールされていると、Windows起動のブートプロセスが長くなり、システムトレイが無駄なアイコンで埋め尽くされます。これら不要なスタートアッププログラムは知らないうちにバックグラウンドで動作しているためCPU、メモリ等を不要に圧迫しています。 さらに悪いことに、一部のコンピュータには、メーカーが独自にプリインストールした膨大なソフトウェアがあり、無駄な起動プログラムが入ってくることがあります。 ◆Windowsが遅い 原因 2 Windowsエクスプローラのプラグイン、サービス、その他: Windowsエクスプローラのコンテキストメニュー(右クリックメニュー)にショートカットを追加するアプリケーションは、プログラムが悪くなった場合、ファイルを右クリックすると時間がかかります。 またプログラムによってはプログラム自身をシステムサービスとしてインストールするため、たとえ見えなくてもバックグラウンドで実行されている場合があります。これらのプログラムはシステムトレイに入っていなくても、バックグラウンドで動作しているためPCを遅くする可能性があります。 ◆Windowsが遅い 原因 3 重いウイルス対策ソフト: 高機能になりがちなウイルス対策ソフトは、しばしば非常に重く、すべての機能を実行するために多くのリソースを消費します。時と場合によりますがあきらかに不要な機能が付随しているセキュリティスイートは必要ないかもしれません。軽く動作の邪魔をしないウイルス対策プログラムを慎重に選ぶしかないかもしれません。 ◆Windowsが遅い 原因 4 お金を払わないと使えないパソコンクリーニングソフト: パソコンクリーニングツールは詐欺に近いものもあるのが正直なところです。スキャンだけさせて、削除はお金を払わないと何も出来ない。といったパソコンクリーニングソフトウェアは、アドウェアやその他希望していないプログラムを追加インストールすることさえあります。にもかかわらず、スタートアッププログラムとして自分自身を追加してバックグラウンドで実行しつづけ"定期的にパソコンに不要なゴミがたくさんあります。削除するには購入してください。"と警告を出してきます。このようなソフトウェアは選ばずに、まずは体験版や、無料版でも期間限定でフル機能利用できるソフトウェアを使い、問題ないことを確認してから購入することをおすすめします。 ◆Windowsが遅い 原因 5 その他の迷惑プログラム: ソフトウェアによっては無用なDLLファイルでシステムを混乱させ、レジストリに無駄なエントリを埋め込むことがあります。最悪のアプリケーションは、それ自体をWindowsのアンインストール機能を利用しても正しくアンインストールすることが出来ず、Windowsの動作を邪魔することがあります。 ◆Windowsが遅い 原因 6 ブラウザのツールバー: ブラウザ拡張(ブラウザアドオン)は便利な半面、ブラウザを遅くさせ、インターネットの利用に支障をきたす場合があります。特に不要なツールバーを追加された場合はブラウザをさらに遅くする可能性があります。   不要なレジストリや不要ファイルを削除し、パソコンを より快適に安全に長く利用するためのメンテナンスができます。 無料版ダウンロード ...

2016.01.15

Windows を長期間使用していると

  • パソコンが重い
  • パソコンの起動に時間がかかる
  • インターネットが遅くなった

などと感じることがあると思います。

パソコンが重くなる原因はさまざまであり、以下のようなものが考えられます。

2015.12.25

レジストリとは? 「レジストリ」は、Windowsの設定、ユーザー情報、アプリケーション情報、ハードウェア情報など、パソコンに関するあらゆる情報が格納されているデータベースです。 Windowsの開発元である Microsoft社の Webサイトでは、レジストリについて以下のように説明されています。 レジストリとは Windows 内のデータベースで、コンピュータのシステム ハードウェア、インストールされているプログラムと設定、および各ユーザーアカウントのプロファイルに関する重要な情報を格納しています。Windows は、絶えずレジストリ内の情報を参照しています。 通常、プログラムおよびアプリケーションは必要な変更をすべて自動的に行うため、手動でレジストリを変更する必要はありません。 コンピュータのレジストリに誤った変更を加えると、コンピュータが動作しなくなる場合があります。 ただし、破損したファイルがレジストリに存在する場合は、変更を加える必要がある場合があります。 変更を加える前にレジストリをバックアップし、理解しているレジストリの値、または信頼できる関係者によって変更するように指示されたレジストリの値のみを変更することをお勧めします。 出典:http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-vista/What-is-the-registry レジストリの肥大化とPCの速度低下 上記のように、レジストリはパソコンに関するあらゆる情報が記録されている場所であり、Windowsの設定を変更した場合、新しいハードウェアをパソコンに接続した場合、新しいソフトウェアをインストールした場合、ソフトウェアの設定を変更した場合など、パソコンを使い続ければ続けるほど様々な情報が書き込まれ肥大化していきます。 ソフトウェアをインストールした場合はレジストリに新しい情報が書き込まれ、ソフトウェア使用中にも一時的にレジストリに情報を保存する場合もあります。しかし、これらのレジストリはソフトウェアをパソコンからアンインストールした場合も正常に削除せれず、不要なレジストリが残ったままとなる場合が多々あります。 Windowsやソフトウェアは起動時や使用時にレジストリを頻繁に参照するため、レジストリが肥大化すれば必要な情報の検索に時間がかかり、結果パソコンの速度を低下させる原因となります。 不要なレジストリの削除 不要なレジストリが蓄積された、肥大化したレジストリはパソコン自体の速度低下の原因となります。 このため、パソコンの高速化を実現するには、レジストリの定期的なクリーンアップを実施することにより不要なレジストリを削除し、レジストリを最適な状態に保つことが重要となります。 Windowsに標準搭載されている「レジストリエディタ」という機能を使用すれば手動でレジストリの削除を行うことはできますが、膨大な項目の中から不要なレジストリのみを探して削除するのは大変困難な作業です。また、誤ったレジストリを削除してしまうと、ソフトウェアやWindows自体が起動しないなどの深刻な問題が発生する可能性があります。 このため、不要なレジストリを削除するには専用の機能を搭載したソフトウェアを使用するのが一般的です。不要なレジストリの削除等、レジストリの最適化を実施する機能やソフトウェアは主に「レジストリクリーナー」と呼ばれ、有料/無料の様々なソフトウェアが存在します。レジストリクリーナーの精度もソフトウェアによって異なるため、どのソフトウェアを使用するかは慎重に選択する必要があります。 PC高速化&クリーニングツール Wise Care 365 にはレジストリを正常な状態に保つための「レジストリクリーナー」が搭載されているだけでなく、ディスクのデフラグやメモリ最適化など、PC高速化のためのさまざまな機能が搭載されていますので、この機会にぜひご利用ください。 ...

2015.12.18

はい。対応しています。お使いのバージョンが v3.86 でない場合、「アップデート情報」ページから最新版をダウンロードして、上書きインストールをお願い致します。
このページの一番上へ